下腹部の激しい痛み

下腹部の激しい痛みを引き起こす主な病気には、盲腸と間違う事の多い大腸憩室症、5mm~10mm大の石ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、腹部外傷や消化器疾患が原因で起こる急性腹膜炎、卵巣の病気など、色々な病名が聞かれる様だ。

内臓の脂肪が多い事による肥満が診られて、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過剰(ししつかた)」、高血圧(こうけつあつ)、血糖(sugar in the bloodblood sugar)のうち2~3項目該当する様子の事を、メタボリック症候群と称している様だ。

20才代、30才代で更年期がやってきたとすれば、医学用語では「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という疾患の事を指します(日本では40才未満の女の人が閉経するケースを「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と呼んでいる様だ。

 

万が一婦人科の検査で事実上エストロゲンとゲスターゲンの量が基準値を下回っていて早発閉経(early menopause)と判明した場合は、不足している分の女性ホルモンを補充するような治療手順で改善します。

脳ミソ卒中のくも膜下出血(SAH)はそのほとんどが脳ミソ動脈瘤と呼ばれる脳ミソの血管にできたコブが破裂して出血する事が理由となって起こってしまう致死率の高い病気として認識されている様だ。

インキンタムシ(陰金田虫)という病気は20代~30代の比較的若い男性に多く見られており、ほぼ股間の周辺だけに広がり、全身運動をしたり、風呂上りのように全身が温まると激しいかゆみを引き起こします。

ストレスが溜まる構図や、手軽で有用なストレス緩和策など、ストレスに関して深い知識を学ぼうとする人は、まだ少ない様だ。

ちょっとした捻挫だと勝手に自己判断して、湿布を貼って包帯やテーピングで患部を固定し、様子を窺うよりも、応急処置を済ませたら急いで整形外科で診てもらう事が、早く快癒させる近道だと言えます。

胸痛や胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科手術ではほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」もしくは「冠動脈(かんどうみゃく)大動脈バイパス術」という二つの異なる技術がしきりに用いられている様だ。

内臓の脂肪症候群とは言われていなくても、内臓の脂肪が付着しやすい手合いの体重過剰を持っている事に縁って、重い生活習慣病を招く可能性が高まります。

アミノ酸の一種であるグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を悪くしたり変異を誘発する害のある物質を体の中で無毒化し、肝臓の力を強化するような特性が分かっている様だ。

UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという特徴があるのでオゾン層を通過する際にその一部が吸収されますが、地上まで届いたUV-B波は皮膚の表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic Acid)を傷つけてしまうなど、肌に悪い影響を与える事になります。

チアミン不足

チアミン不足が原因の脚気の症状は、主に手足がジンジンと痺れたり下肢の著しい浮腫などが典型で、発症から時間が経つと、最も深刻なケースでは心不全を招く可能性があるのだ。

胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、食生活の欧米化に加えて喫煙・アルコールの常飲・体重過剰などの生活習慣の質が低下した事、ストレスなどに縁って、近頃、日本人に増加しつつある疾患だといえます。

ハーバード・メディカルスクールの研究結果によれば、普通のコーヒーと比較して1日あたり2杯以上デカフェのコーヒーを飲用する事で、直腸ガン発症する確率を半分以上も減少させたという。

食中毒を引き起こす事のあるブドウ球菌(staphylococcus…coccusはラテン語で「粒」の意)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒の強大な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン)と一方は毒があまり無いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)があるのだ。

過飲過食、肥満、喫煙、運動不足、遺伝、多忙によるストレス、加齢など多様な因子が集まると、インスリン分泌が少なくなったり、働きが鈍化したりしてインスリン注射の必須な2型糖尿病を発症します。

自転車事故や建築現場での転落など、著しく大きな力がかかった場合は、複数箇所に骨折がもたらされたり、複雑骨折に至ったり、更には臓器が損壊してしまう事もよくあります。

brushingをかける事などで、要介護者が猫を愛おしく感じた時に「愛情のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌されて、ストレス緩和や精神のヒーリングなどに結びつきます。

H17年から新たに特保(特定保健用食品)の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、お食事のバランスを」との注意喚起のフレーズを表記する事各メーカーに義務付けられている。

植物栄養素とも言われるフィトケミカルの一つのスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる化学物質が、肝臓から分泌される解毒酵素の効率的な産出を促進しているかもしれないという新たな可能性が見えてきました。

折り目正しい暮らしの維持、腹八分目の実行、正しい体操等、古典的とも思える身体に対するおこないが肌の老化防止にも関係すると言う事です。

脚気の症状としては、主に手や脚がマヒしたり下肢の浮腫みなどが代表的で、病状が進行してしまうと、悲しいかな、心不全などを発症する可能性がある様だ。

軽傷の捻挫だろうと決め込んで、包帯やテーピングテープで動かないように患部を固定し、様子を見るのではなく、応急処置が終わったらただちに整形外科の医師に診てもらう事が、結局は快癒への近道となります。

音楽会のおこなわれる会場やクラブハウスなどにある特別仕様の大型スピーカーのすぐ横で大きな音を聞いて難聴になってしまう事を「急性音響外傷」と言うのだ。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓(すいぞう)の血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞がダメージを受けてしまう事が原因で、結果的に膵臓からほぼインスリンが出なくなる事によって発症してしまうというタイプの糖尿病なのだ。

流感、即ちインフルエンザに対応している対策対策や病院での治療等、このような必ず行う対処策というものは、それが例え季節性のインフルエンザであっても未知なる新型のインフルエンザでも一緒なのだ。

現在まで採用されてきた生ワクチンに替わる新しい手段として、2012年9月1日以降は正式に定期接種として導入されるので、集団接種ではなくクリニックなどの医療機関でスケジュール管理の必須な個別接種に変更されている様だ。

殆どが自らの生活習慣が原因の2型に対して、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)に存在しているインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまった事で、残念な事に膵臓から必須量のインスリンが分泌されなくなり発症に至るという自己免疫性のタイプの糖尿病なのだ。

植物栄養素とも言われるフィトケミカルのジャンルに入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓が分泌している解毒酵素の円滑な産出を促進しているのではないかという新たな真実が見えてきました。

エイズウイルス、すなわちHIVを持っている精液、血液、母乳や腟分泌液などのあらゆる体液が、交渉相手などの傷口や粘膜の部分に接触する事により、感染する可能性が大きくなります。

V.B6には、あのアミノ酸(Amino acid)をTCAサイクルと呼ばれるエネルギー源の利用に必須となる回路に取り込ませるためにもう一度クラッキングする事を補助する動きもあります。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂分泌の異常が主因で引き起こされる発疹・発赤で、分泌が乱れる誘因としては男性ホルモンと女性ホルモンの均衡の乱れやナイアシンなどビタミンB複合体の慢性的な欠乏などが大きいと言われている様だ。

特に皆さんに知ってほしい基礎代謝(Basal Metabolism)とは人間が何もしていなくても燃焼する熱量の事ですが、その5割以上を全身の筋肉・内臓の中で一番大きな肝臓・多量の糖質を必須とする脳ミソが占めていると言う事ではあまり知られていません。

吐血と喀血、2つとも口腔から血を吐く事ですが、喀血の方は喉から肺に続く気道(きどう)から出血する状態で、吐血というものは十二指腸より上部にある消化管から出血する症状の事を言い表している様だ。

ふと気が付くと肘をついた横向きの状態でテレビを視聴していたり、テーブルの上で頬杖をついたり、踵の高い靴等をいつも履くといった習慣的な事では身体のバランスを乱れさせてしまう因子になります。

HIV、つまりエイズウイルスを保有する血液、精液を始め、母乳、腟分泌液等の様々な体液が、乳飲み子などの粘膜や傷口などに接触すると、HIVに感染する可能性が大きくなります。

ジェネリックという薬剤というのは新薬の特許が失効してしまった後に購入できて、まったく同一の成分で経済的な負荷を低くできる(価格が安い)後発薬剤の事で、近頃知られる様になります。

ヘルニアとは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨の間でクッションのような役目をしている椎間板(ついかんばん)という名称のやわらかい線維軟骨がはみ出てしまった症例を称しているのだ。

お食事という行為は、次に食べたい物を気軽に口へ入れて数回咀嚼して飲み込むだけに思われがちだが、そのあと人体は実に健気に活動し食物を体に取り入れるように努めているのだ。

骨折した事により相当出血してしまった状態だと、急激に血圧が下がって、めまいやふらつき、冷や汗、嘔吐感、座っていても起こる意識消失発作などの脳ミソ貧血の症状が出る時もあります。

鍼灸のハリを患部に刺してもらう、という物体的な多数の刺激は、神経の細胞を活性させ、神経インパルスと言われている電気信号の化学伝達を誘発するのではないかと言われているのだ。

スギの花粉が飛ぶ時節に、幼い子どもが体温は平常なのにしょっちゅうくしゃみしたり水っぱなが止まってくれない状態なら、その子は『スギ花粉症』の可能性があるでしょうね。

現在のオペ室には、お手洗いや専用の器械室、準備室を備え付け、手術中に撮影するためのX線装置を準備するか、そうでなければ近距離にその専門室を備えるのが慣例である。

筋緊張性頭痛は肩こりや首のこり、張りによる肩凝り頭痛で、「まるでギューっと締め付けられるような強烈な痛さ」「ズドーンと重苦しいような頭痛」と言われます。

もしも検査で予想通り卵胞ホルモンなどの分泌量が足りず早期閉経(premature menopause)だと分かったら、その女性ホルモンを補填してあげる手当などで良くなります。

常在細菌のブドウ球菌(staphylococcus、スタフィロコッカス)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌であり、毒素の非常に強い黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん、staphylococcus aureus)と毒素があまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)が存在します。

日本人にも多く見られるようになった逆流性食道炎は、4日前後しっかり薬を飲めば、原則、9割近くの人の自覚症状は良くなりますが、イコール食道粘膜の腫れや発赤などの炎症が完全に引いたわけではないので気を付けましょう。