500以上もの働きを持つ肝臓に脂質や食物由来コレステロールが多く付いた脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、動脈硬化や脳ミソ梗塞というような多くの病を誘引する恐れがあるのだ。

ジェネリック薬剤(generic drug)というものは新薬の特許が失われた後に売られる、同一の成分で負荷を抑制できる(クスリの価格の高価ではない)後発薬剤そのものだ。

現在の手術室には、W.C.や器械室(apparatus room )、手術準備室を設置し、オペ中に撮影するためのX線装置を備え付けるか、そうでなければ付近にX線装置用の専門室を準備するのが普通だ。

女性には縁がない、インキン(陰金田虫)という病気は20代~30代の比較的若い男の人に多い傾向があって、基本的には股間の辺りだけに拡大し、軽く運動したり、お風呂に入った後など体が熱くなると強烈なかゆみがあります。

爪の伸び方は樹木の年輪のように刻まれるという存在である為にその時点での健康の様子が爪に表れる事が多く、髪の毛と等しくすぐに目に入って判断しやすいので健康のバロメーターとも呼ばれるのだ。

皮膚の美白指向には、90年辺りから次第に女子高生に受け入れられたガングロなど、不自然なまでに日焼けする奇異な渋谷系ギャルファッションへの反論とも取れる精神が入っているのだ。

年頃になってから発生する、治りにくい“大人ニキビ”が徐々に増えている。

10年もの間しつこい大人のニキビに悩まされてきた多くの患者が専門の皮膚科クリニックに来る。

杉の花粉が飛ぶ季節に、まだ小さなお子さんが体温は平熱なのに頻繁にクシャミをしたり鼻水が止まないケースは、もしかすると杉花粉症の可能性が高いといえます。

大体は水虫といえば足を連想し、中でも足底にできる皮膚病だという認識が広まっている様だ。

が、白癬菌が感染する場所は足だけと言う事ではなく、体のありとあらゆる部位に感染するという恐れがあるので注意するように子供の耳管の仕掛けは、大人の耳管と比較して幅がある上に短めの形で、加えて水平に近いため、バイキンが潜り込みやすくなっているのだ。

大人よりも子どもの方が急性中耳炎になりやすいのは、この作りが関係している様だ。

本国において、皮膚が白くて黄ぐすみや濃いシミが見られない素肌を最良とする美意識は昔から広まっていて、「色の白いは七難隠す」という諺もあるほどだ。

環状紅斑とは何かというと輪状、いわゆるまるい形をした紅色の発疹や薄皮が剥ける鱗屑(りんせつ)など、皮ふのトラブルの総称ですが、その理由は本当に様々だと言えます。

現在のオペ室には、W.C.や器械室、手術準備室を設けさせ、オペ中にレントゲン撮影できるX線装置を用意するか、そうでなければ付近にその専門室を併設するのが普通だ。

胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、4~5日くらい薬を飲めば、押しなべて9割近くの患者様さんの自覚症状は去りますが、かといって食道粘膜の炎症反応そのものが全快したとは言い切れないので留意して下さい。

内臓が元気か否かを数値で測る事のできる素晴らしい機械があります。

『ノイロメーター』と名付けられている機械で、人間の自律神経のコンディションを測って、内臓の健康の様子をモニタリングできるという応用範囲の広いものだ。

エイズウイルス、すなわちHIVを含んでいる血液や精液のほか、女性の腟分泌液や母乳といったいたる所の体液が、乳飲み子などの粘膜の部分や傷口に接触する事で、感染の危険があります。

「ストレス」というのは、「無くすべき」「排除しなければいけない」と捉えがちですが、実の所、我々は日々ストレスを感知するからこそ、生活する事が可能になっているのだ。

折り目正しい穏やかな暮らしの継続、腹八分目を忘れない事、自分に合った運動やスポーツなど、アナログともいえる体についての意識がお肌の老化防止にも関係しているといえます。

寝姿を見る事で、入居者さんが猫の事を可愛いと思う事によって「愛情のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌された結果、ストレスを緩和したり癒しに繋がっている様だ。

スギ花粉症などの病状(水っ洟、鼻づまり、クシャミなど)のために夜間よく眠れない場合、それが主因で慢性の睡眠不足となり、翌朝目覚めてからの諸活動に悪い影響を与える事もあります。

V.D.は、Caが体に吸収されるのを促進する作用で有名で、血液中のCa濃度を微調整し、筋肉の動作を調整したり、骨を作ったりします。

吐血と喀血、両方とも口腔からの出血に変わりはありませんが、喀血というものは咽頭から肺に続いている気道からの出血であり、吐血というものは無腸間膜小腸より上部の消化管から血が出る病状を示しているのだ。

「時間に追われているように忙しい」「面倒くさいお付き合いが嫌い」「あらゆる先端技術や情報のハイレベルな進歩に付いていく事で精一杯」など、ストレスを感じてしまう因子は人によって違いる様だ。

「肝機能の悪化」については、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなど3種類の数値でモニタリングできますが、ここ数年間で肝臓の機能が悪化している現代人の数が増加傾向にあるとの報告がありました。

爪の伸びる様子は年輪のように刻まれるというものである事から、その時に健康だったかどうかが爪に表れる事がよくあり、髪の毛と共通するようにすぐに目に入って気付きやすいため健康のバロメーターとも言われているようだ。